三重県津市にあります。

津は元々「安濃津」と呼ばれ「坊津」、「博多津」とともに日本三大津といわれる良港でした。

早くには長野氏の一族がこの地に城を築いたと伝えられていますが、確かなものとしては織田信長の侵攻以後になります。
1568年、伊勢を平定をすべく織田信長が長野氏を攻めますがうまくいきません。
しかし、さすが信長さんくじけません!

今まで戦っていた長野氏と和睦し、弟の三十郎(後の織田信包)を養子として送り出しました。
三十郎くん、元敵の家に養子に行くって結構ドキドキもんです。

その後三十郎は、長野信兼と名乗り津に築城を始めます。
そしてついに1580年、五層の天守閣がそびえる津城が完成します。

長野信兼は、津城築城後に次々と長野氏の分家を攻撃し中伊勢を平定。
そして早速旧姓に戻して織田信包と名乗ります。おっかなーい。

兄の信長の死後は、豊臣秀吉に仕え15万石を得ますが、すぐに転封となり代わりに富田知信が6万石で入城します。
信包ショック。

知信の子の信高は関ヶ原の合戦の際に東軍に属し籠城し奮戦しますが、多勢に無勢で開城。
しかし東軍が勝ったため、戦功を評価されて敗者復活6万石で津城に復帰をはたします。
さすが家康さん、素晴らしい論功行賞!…と思ったのも束の間、1604年に宇和島へ移ることになり、あの築城の名手と謳われる藤堂高虎が代わって入城することになります。

藤堂高虎は、伊勢、伊賀、伊予合わせて22万石の大名として超栄転状態で伊賀上野城に入り本城としました。

ただ、伊賀上野城は戦争の時の本拠として使い、平素は津城を居城としました。さすが出世頭、セカンドハウス的なすごくリッチな使い方です。羨ましい。

1611年、高虎は築城の才能を発揮すべく津城の大改築を実施し、城の中身は一変します。
もう、この頃になると築城の経験と知識は半端なく、もう藤堂名人の域です。城というより傑作品ですね。

お城の規模拡大はさることながら、特に城下町の整備にも力を注ぎました。

藤堂高虎は1615年の大坂落城後に加増され、またまた大出世。
32万石の太守になり、そのまま二代目にバトンタッチ。
二代目、かなりのプレッシャーです。

歴代藩主も藩祖である高虎にならい城下町の育成につとめたため町は急速に発展!
伊勢神宮への参詣客も津の町の繁栄ぶりを全国に伝え「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ」と宣伝されるようになりました。

以後、藤堂家の子孫が藩主として継続し、明治維新を迎えました。

green-ink This entry was posted in. エリア, お城情報, 近畿 津城の歴史.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*