三重県松阪市にあります。
1584年、蒲生氏郷が近江日野6万石から12万石で織田信長の次男、北畠信雄が築城し居城としていた松ヶ島城に移封されました。
氏郷は松ヶ島城が今後発展性が見込みにくいことを問題視し、1588年四五百森(よいのはもり)の丘に大規模な城を築きます。
この城を吉祥の木である松と、秀吉の居城である大坂城から一字をもらい、松坂城と命名しました。
「松坂」が「松阪」に改まったのは、明治に入ってからです。

松坂城の城下町建設の際は、松ヶ島の住民を強制的に移住させるとともに、氏郷の旧領日野から近江商人を町の中心部に呼び寄せ「日野町」として楽市楽座を設けました。
また、「港町」に伊勢の豪商である角屋氏を呼び寄せ、これにより商都松坂の礎が築かれました。

松坂城の城郭は、本丸、二ノ丸、三ノ丸からなり、その外側を二十町にも及ぶ内堀で囲みました。
本丸には三層の天守を建て、近くに二層の敵見櫓と金の間櫓を設けたほか、
太鼓櫓、月見櫓、遠見櫓を築きました。
実際に行ってみると、建物が残っていたらさぞかし立派なお城だったんだろうなぁと思わせる素晴らしい城郭です。

松阪城本丸に到着。
本丸が貸切状態で撮影できました。
ここに当時御殿があって、城主や上級武士たちが生活していたことを考えると、すごく妄想が膨らみます。

天守台も本丸の西側に接していて天守閣にもすぐに登れる環境もあったので、たまに登って城下町を眺めてたりしていたのかなぁ。

green-ink This entry was posted in. エリア, お城情報, 近畿 松坂城の歴史.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*