米子城は、鳥取県米子市にあります。
米子城は1467年から1487年に山名宗之によって飯山に砦として築かれたのがはじまりといわれています。
その後、西伯耆の領主となった吉川広家が1591年に築城を開始。しかし、完成を見ることなく、1600年の関ヶ原の戦いに西軍として参戦したことにより、吉川氏は岩国に国替えとなりました。

〜米子藩の横田騒動〜
中村一氏の跡を継いだ一忠は、当時11歳と幼少でした。このため、藩政を担当したのは叔父の中村一栄と、家康から後見役として派遣された横田村詮。村詮は、幼少の一忠のもとで手腕を発揮し、米子城築城を完成させるとともに、城下町の整備・建設を行い、米子の発展の礎を築きました。しかし、一忠の側近である安井清一郎・天野宗杷らと対立するようになり、1603年11月14日、安井・天野らに唆された一忠は村詮を殺害します。村詮の一族は飯山に立て篭もりましたが、一忠は隣国出雲の堀尾吉晴の助勢を得てなんとか鎮圧。事件の報告をうけた徳川家康は、自らが派遣した横田村詮の殺害に激怒。首謀者である安井・天野の行いを幕府への反逆とみなし、吟味も無く即刻切腹としました。ただ、城主一忠は品川で謹慎に収め、お構いなし。

1609年、中村一忠が急死し中村氏は家系断絶のため改易となります。
死因は、青梅を食べたことによるものといわれています。
翌年に加藤光泰の次男、貞泰が伯耆国内で2郡6万石を領して藩主となります。
中村氏旧領の残り11万5000石は、八橋藩市橋氏・黒坂藩関氏・天領などに分割統治されてしまいました。

断絶となった中村家の後、米子城は加藤貞泰に与えられましたが、数年後に伊予大洲に転封。その後、1617年に池田光政が因伯32万石の領主として鳥取城に入り、米子城は家老職を務めていた池田由之にあずけられました。ところが翌年に由之急死。しかも理由は怨みを持った小姓による刺殺。その後米子城は由之の子である由成が継ぎました。

1632年国替えによって池田光仲は3歳で鳥取藩主になりました。将軍家光は荒尾成利に幼君の補佐を命じ、米子城を与えます。しかし、光仲は傀儡とならず、果敢に藩政を行い、成利の専横を殺いで藩主親政を確立します。

明治維新後は、米子城はわずか37円で古物商の山本新助に買い取られ解体されました。明治初期の1円の価値が約3〜4万円のようですので、現在価値で高くても約150万円ほど。

写真①

〜米子城の登り石垣〜
写真①の登り石垣は、豊臣秀吉の朝鮮出兵の時に、秀吉軍が朝鮮半島南岸に築いた倭城に多く用いられた石垣です。
朝鮮出兵にも参加した吉川広家が、米子城築城に際し、倭城に多用された登り石垣を縄張りに取り込んだ可能性が考えられます。
現在、日本の城で登り石垣が確認されているのは4城のみです。

green-ink This entry was posted in. エリア, お城情報 米子城の歴史.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*