築城したのは、赤松則村の次男貞範で、1346年に姫山に築いたことから「姫山城」と呼ばれていました。
姫山は、現在天守群の備前丸がある東側の丘で、この西側に鷺山がありました。羽柴秀吉は、信長から播磨を与えられた際、西側の鷺山も取り込み、二つの丘を合わせて「姫路城」と名称を改めたといわれています。
下の写真は姫山と鷺山の間に設けられた三国堀で、羽柴時代の空堀の跡に石垣を築いた部分がみられます。

1580年1月、羽柴秀吉は、落城させた三木城を居城にして中国攻略をするつもりでいましたが、「姫路ハ国ノ中央四通ノ地。海陸ヲ兼ネテ繁栄ノ所且ツマタ繁栄自由ノ場ナリ」という黒田官兵衛の進言により姫路城を譲り受けたといわれています。


播磨一国52万石で姫路城に入城した池田輝政は、築城にあたっては秀吉時代の建物をすべて取り除き、縄張りも新たにしました。
1601年から9年の歳月をかけ、5層6階の大天守と乾・東・西の3層の小天守、4基の天守を2層の渡り櫓で結んだ現在見られる姫路城は、この時に出来上がりました。

関ヶ原の合戦で勝利を得た徳川家康は、姫路を重視し、外様ではありましたが、娘婿の池田輝政を三河吉田城から移して姫路城に入城させました。
輝政の妻である督姫は、徳川家康の次女で、当初北条氏直に嫁いでいました。
北条氏滅亡とともに実家に戻っていたので、秀吉の仲立ちで輝政は督姫を妻としました。

姫路城の石垣には随所に巧みな石垣技法が見られます。
そして至るところに墓石、石棺、石灯籠といった石が積まれ、石集めに苦労した様子が想像できます。
なかでも、乾小天守の北側には、石臼の一部分が積み込まれていてます。

写真①は「姥が石」と呼ばれ、羽柴秀吉築城の際に、城下に住む焼き餅売りの老婆が生活の糧となる石臼を献上したことで、この話は評判となり石集めがはかどったという伝説があります。

その他伝説としては、姫路城建設の中心となった大工の棟梁である桜井源兵衛が、天守完成後に大天守が東方に傾いていることに気づき、それを恥じて天守閣より飛び降り自殺したという話も残されています。
この傾きは事実だったようで、昭和の大修理において実際に東南に傾いていることが発覚したようです。
原因は東南の石垣が天守の重さに耐えきれず沈んだことによる物質的原因があったようです。

写真①

写真②は、天守閣から城下町を見下ろす風景です。
姫路城は、本城や武士の邸だけでなく、町人の住む城下町も外堀内に包み込んだ「総曲輪」の構えでした。
そして城下町をつくり、楽市楽座により税を免除し、商工業の招致と保護をしたのは羽柴秀吉ですが、それを推進したのは池田輝政でした。

写真②

播磨、備前、淡路などの領地を合わせ100万石近くなり、「西国将軍」と異名をとった池田家ですが、輝政が1613年に死去後は鳥取へ転封となりました。
その後、桑名から譜代大名の本多忠政が15万石で入城。その嫡子、本多忠刻の妻は、徳川家康の孫娘であり、豊臣秀頼の正室でもあった千姫です。
千姫は、夫である本多忠刻が31歳の若さで病死すると姫路を去り、化粧料の10万石は没収されました。

写真③は姫路城西ノ丸の長局で千姫のために築造されたものです。
百閒廊下には20数室の小部屋が並び、千姫の侍女たちが生活していました。

写真③

本多氏は3代続いて転封となり、その後城主はめまぐるしく交代します。
遊女高尾太夫を身請けしたことで有名な榊原政峯も一時城主となりました。

そして1749年に酒井氏が15万石で入城し、明治まで10代、110余年続きました。

green-ink This entry was posted in. お城情報, 近畿 姫路城の歴史.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*