羽柴秀吉が1国1城の主となり、最初に築城した城。
それが現在の滋賀県長浜市にある長浜城です。

今回は、この長浜城をご紹介したいと思います。

長浜の地名は、もとは今浜と呼ばれていました。

この地に最初に城が築かれたのは1336年で、京極高氏によるものでした。

1573年8月、浅井氏を小谷城で滅ぼした織田信長は、戦功のあった羽柴秀吉に浅井長政の旧領北近江三郡12万石を与えます。

最初は小谷城に入城した秀吉でしたが、要害の地だった小谷城を捨て今浜の地に新たに築城。
それが現在ある長浜城となります。

今浜は、北陸と畿内を結ぶ水陸交通の要衝。更に鉄砲の生産地として有名な国友村があったことで、戦略的に都合の良い土地だったんでしょうね。

城下町の建設もあわせて進められ、小谷城の城下町を強制的に今浜に移します。
また、近くの地域から積極的に商人を誘致し、年貢を優遇しました。

このように秀吉が様々な政策を行い、遂には「今浜」を現在の「長浜」にあらためたことで、軍事的にも経済的にも重要な戦略的価値をもつようになりました。

秀吉がこの長浜城を本拠として活躍したのは、大坂に移るまでの約10年間となります。

織田信長が本能寺で倒れた後は、清洲会議の結果、この長浜城は柴田勝家のものとなり、勝家の甥である柴田勝豊が入城します。

しかし、その年の冬には秀吉は勝豊の籠る長浜城を5万の兵で攻め降し、賤ヶ岳の戦いでも柴田勝家に見事勝利します。
その陰に、秀吉の統治時代の善政の恩に報いるために、長浜城下の町人たちが秀吉に裏で協力を惜しまなかったことも伝えられています。

秀吉の死後の関ヶ原の合戦が行われた後は、1606年に内藤信成・信正が長浜城主になります。
しかし大坂の陣後の1615年に内藤氏は摂津高槻に移封となり、長浜城は残念ながらその際に廃城になりました。

長浜市にある長浜八幡宮の春祭りに催される「曳山祭り」。

これは、羽柴秀吉が城主の時に側室であった松の丸が男子をもうけたこと祝って、町民に砂金を贈り、それを基金にして山車を造ったのがこの祭りの始まりといわれています。

長浜城の天守から観る琵琶湖の風景は最高でした。
同じような風景を秀吉も見ていたのでしょうか。

green-ink This entry was posted in. 未分類 秀吉の出世城、長浜城.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*