だんじり祭りで有名な、大阪府岸和田市。
そこに今回紹介する岸和田城があります。

岸和田城がいつ、誰によって築かれたのか詳しいことはわかっていませんが、16世紀半ばには当時泉州地域を治めてていた松浦氏の居城となっていました。

その頃には、既に初期型岸和田城が形成されていたといわれています。

その後、この地を手中にした羽柴秀吉は、当時敵対していた紀州根来寺や雑賀衆に対する重要拠点としてこの城を再築城。
そして信用をおいていた中村一氏をこの城の城主としました。

紀州征伐が終わると、秀吉は叔父の小出秀政を城主とし、城下町と城郭を整備します。
この頃に五層の壮大な天守閣も建てられました。

「正保城絵図」には、五層下見板張り千鳥破風付きの天守閣が描かれています。
現在あるものは、昭和29年に再建された絵図とは無関係な模擬天守なんですが、絵図にある木造五層の天守閣に建て直そうとする長期計画案も出されているようです。
今後に期待ですね。

豊臣氏滅亡後は松平康重が入城し、松平氏二代を経て、1640年に摂津高槻から岡部宣勝が入城しました。
以後明治維新までこの岡部氏が13代にわたって岸和田藩5万3千石を治めます。

岸和田城ですが、大坂城と和歌山城の中間地点にあることから、紀州藩の監視の意味もあったとされています。

徳川御三家の一つ和歌山城も徳川幕府の相互監視政策に対し例外はなかったようで、徳川家康の子である徳川頼宣に対する抑えの城としても城郭が整えられたのではと考えられています。

戦国の空気が残っていたころなので、親戚同士でも油断はならないということですかね…。

岡部宣勝が大改築した際の城郭は、東西約370m、南北約650mの平城で、本丸・二の丸・三の丸の総曲輪の規模としてもかなり大きなものだったようです。

縄張りは、本丸と二の丸が軸線に並ぶ天秤あるいは織機の「ちぎり」に似ていたため、千亀利城(ちぎりじょう)という別名までうまれていたのだとか…。

なかなかセンスの良いネーミングをしますね。

さらに、本丸の東と南下の犬走りは石垣を補強するためのものですが、本丸を大きな内堀の中に浮く島のように見せて、美しさを一層強調させているところが憎い!

ちなみに、岸和田藩主の岡部家は、代々本草(薬草)学に熱心で、城内に薬園をつくり整備していました。

中でも9代藩主長慎の「重訂本草綱目啓蒙」(じゅうていほんそうこうもくけいもう)は本草学史上有名なものだそうです。
当時の薬草研究の第一人者が、大名だなんて凄い。

また5代城主の長泰の頃に、現在にも受け継がれている「だんじり祭り」の生まれました。

お城の鎮守として京都の伏見稲荷を勧請にした際、城下の人々がこれを大いに祝い、車をつけた箱に太鼓を乗せて賑やかに踊り歩いたといい、これが今日の地車祭り(だんじりまつり)として規模も大きく有名になったようです。

9月になると飾りつけた地車が市内を走り回っています。

今年は行けなかったので、来年は観にいきたいなぁ。

green-ink This entry was posted in. 未分類 紀州を抑える重要拠点、岸和田城.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*